今日もいい日だったと思えるように。
仕事を頑張る

【感想】DEAN&DELUCA好きでも、経営者でもない私がおすすめしたい『食卓の経営塾』

夜ご飯をつくりながら聞くのにハマっている仕事バー

DEAN&DELUCAを日本で広めた横川正樹さんがゲストの回を聞きました。

正直、DEAN&DELUCAはおしゃれなお店で最近友だちで好きな人が多いな、というくらいにしか思っていませんでした。

でも、仕事バーで食文化や事業への想いを聞いているうちに、素敵なコンセプトのお店であることがわかりました。

値段が高いのにも納得。

品質にこだわっているからこそ、だったんですね。

今回はそんな横川さんの著書『食卓の経営塾』を読みました。

電子レンジとオーブン

ゆるやかに進んでいくビジネス書、という感じで、売り上げや店舗を拡大していくにはどうしたらいいか、というようなことは一切書かれていません。

ただただ、横川さんがビジネスをしているうえで大事にしていることが紹介されています。

これがとても素敵。

経営者としてビジネスをどう考えているか、という話が主ではありますが、人生で大切にしたいもの、にもつながっている気がします。

会社員の私にも心に響く言葉がいくつかありました。

その中の一つが、「電子レンジとオーブン」のお話。

横川さんと同じく経営者だったお父さんから、アドバイスをもらったときのこと。

電子レンジのように一気に成長するとどこかでつまづいてしまう。

オーブンのようにじっくり時間をかけて育てることが長いスパンで見ると大事。

この部分を読んで、私は人生もそうなんだろうなと感じました。

私は最近、まったく違う業界に転職しました。

とにかくその場を収めようとうわべだけのテクニックが欲しくなる時もある。

けど、じっくり自分の頭で考えて、失敗もして、ゆっくり得た経験こそ、自分の力になるのだろうと。

その場をやり過ごせるようになって、表面的にはうまくいっているように見えたとしても、やっぱりそれはどこかでつまづくんだろうなと感じました。

正直、もがいている今は辛いけど、「電子レンジとオーブン」と自分に言い聞かせて、毎日頑張ろうと思うことができます。

DEAN&DELUCAのイメージが変わる1冊

その他にも、「○○と言えば△△さんと言われる強み」の話や「手書きのヒューチャーマップ」など面白い部分がたくさんありました。

今までDEAN&DELUCA=高い、おしゃれ、というイメージしかなかった私も、改めてお店に行ってお買い物がしてみたいなと思いました。

こんなに大きなグループなのに、ライバルは「個人店」だそうです。

それだけで目指しているものが伝わりますよね。

経営者やDEAN&DELUCA好きな方はもちろん、むしろそうでない方にも読んでほしい1冊です。