今日もいい日だったと思えるように。
趣味の時間を楽しむ

運動音痴でもOK!山登りのおすすめポイントBEST3

こんにちは。ざくです。

私は、ずっと運動が苦手です(笑)

高校のときは10段階評価で3だったこともありますし、野球などのチーム戦になると「お前はそこにいればいいよ」と言われてしまっていました。

人に迷惑をかけたくないし、ミスしたりしている姿を見られるのは恥ずかしい。

ただ、運動が嫌いと言うわけではなく、ずっと思い切り運動をしてみたいという思いがありました。

そんな私が登山にはまったのは約3年前。

今回は運動が苦手な私の山のお勧めポイントをご紹介します。

ちなみに、山って登山靴など最初に揃えないといけないものが多いものの、最近はレンタルをやっているところもあります。

私もやまどうぐレンタル屋 で冬用品を借りたことがありますが、とてもいい備品を借りれたので初期投資にハードルを感じている方はぜひ検討してみてください。

①楽しむことがメイン

運動・スポーツといえば勝ち負けがどうしてもあって、同じチームの人に迷惑をかけたくない、と私は思っていました。

遊びだと分かっていても、チーム戦にするときは同じくらいのレベルにしないと面白くないし、個人戦だとしてもやっぱり記録が気になります。

でも、山は競争ではありません。(少なくとも私にとって)

仲間と楽しくおしゃべりをしながら、でOK。

疲れたら休憩してOK。

途中でお菓子もOK。

むしろ、こまめにお菓子など甘いものを摂ることが推奨されています。

競うことではなく、楽しむことがメインなところが私の好きなところです。

※山登りをする人のなかにも、速さを競ったり、あえて重たい荷物を持って臨むレースなどをする人もいます。

ただ私はゆるく楽しんでいます(笑)

②非日常へ行ける

山って、登っていくと、普段住んでいる場所と離れていきます。

これがたまりません(笑)

車や人、建物が頂上などから小さく見えると、普段自分が暮らしている世界の悩みやプライドなど、とるに足らないことに思えます。

また、山があるからこそ、普段絶対に行かないような場所に訪れるきっかけにもなります。

初めて行く場所ってそれだけで、旅行気分で楽しいです。

ちなみに私は登山バッチを買うようにしていて、少しずつコルクボードに増えていくのもうれしいです。

登山バッチがない山もあるのですが、山の楽しみの一つです。

色々な形があって、100均のボードにはるだけでさまになる(笑)
我が家の登山バッチたちです。色々な形があって、100均のボードにはるだけでさまになる(笑)

③登ったあとの達成感がある

ジョギングなどは辞めたいときに辞められます。

なので、私はすぐに「やーめた」とあきらめて歩いてしまいます。

でも、原則山は自分の足で登り、自分の足で降りてくるしかありません。

途中で引き返すことはできますが、引き返すにしても自分の足を動かす必要があります。

自分が通った道を見て、「こんなところをとおってこれた」というのが自信につながります!

楽しいけど、準備は周到に!

とても楽しい面がある一方、山で命を失う人もいます。

最初は、一人で行くことはお勧めできません。

私は、モンベルの山イベントに参加しましたし、旅行会社などもハイキングツアーを開催しているようです。

もちろん身近に山に詳しい方がいればその方と一緒に行くのもあり。

運動が苦手でも楽しめるはずなので、ぜひ山の魅力を知っていただけたら嬉しいです!

また、もっと山の魅力を知りたい!という方は八月の六日間という小説がおすすめですー。