今日もいい日だったと思えるように。
趣味の時間を楽しむ

車いすユーザーと一緒に行くレストラン選びで気にかけたい4つのこと

観光業界から福祉業界に転職した20代会社員のざくです。

車いすを使っている人と食事に行くときのお店選びって
結構難しいですよね?

快適に楽しく一緒に過ごしたい。

今回はそんな風に思っている方に、
お店選びのポイントをご紹介します。

駅からのアクセス

お家からの距離はベターなのはもちろん、

道の感じも気になるところ。

例えば、急な坂道は本当に厳しい。
お店に来る前に息切れしてしまいます。
(ちなみに車いすだと
上り坂だけでなく、下り坂も
ブレーキをかける力をかけないといけないので、
疲れます。)

左右の高さが違う地面は、
健常者としては何とも感じませんが、
片方の腕に力をいれなければならず、
バランスがとりづらいです。

あとは、歩道がない、あっても狭い場合、
他の通行者や車に気を配る必要があるので
私は避けたいです。

入り口や店内の段差

段差なんて、そんなの当たり前じゃん
と思う方が多いのではないでしょうか。

でも、健常者は気づきませんが、
入口におしゃれな30センチくらいの段差が
あるお店って結構多いです。

私はお店の人が「車いすも入れますよ!」
と言っていたにも関わらず、
段差があって入れず、引き返したこともあります。

ちゃんと確認したいポイントの一つです。

席についたときの過ごしやすさ

多いのが、テーブルの高さが合わないお店です。

スタンディングテーブルしかなかったり、
ラーメン屋さんのような高めのテーブルだと、
過ごしづらいですよね。

お隣さんや後ろの人との距離も
気になります。

車いすって意外と大きい。

別のお客さんの動線を邪魔しないくらい
広めの店内だと嬉しいです。

多目的用お手洗いの有無

お酒を飲む場合は特に、
多目的用のお手洗いがあると
ゆっくり楽しめますね。

人によっては広めのお手洗いでも
OKという人もいます。

まずは希望を聞いて

以上4つのポイントをふまえて
私はよく駅ビルのレストラン街を
使っていました。

駅ビルって、
多目的トイレもあって、
エレベーターもあって、
駅からの距離も近くて、
とにかく便利です。

ものすごい美味しくない店にあたりにくいし(笑)

でも、あるとき、こんな風に言われました。
「たまには小汚い居酒屋に行きたい気分のときも
あるじゃん」

私なりに色々考えていたつもりだったけれど
完全に自己満足でした。

過ごしやすさより、
とにかくおいしいものが食べたい人もいるだろうし、
トイレは駅で行くから店にはなくていいという人も
います。
人それぞれ。

私ももっと話を聞きながら、
相手と自分が快適に過ごせるところを
探していきたいなと思いました。

一緒に頑張りましょう♪