今日もいい日だったと思えるように。
仕事を頑張る

新社会人時代の失敗その3「やりたいことじゃない、と開き直る」

社会人になったばかりのころ、

女性の口コミ
女性の口コミ
お金をもらって仕事をしていると意識してね!
男性の口コミ
男性の口コミ
積極性をもって行動しましょう

とよく言われました。

もちろん、頭では理解できるけど、じゃあ具体的にどんなことをしたらいいのかわからない…

そんなことはありませんか?

今回は、新社会人の方向けに向けて、私の失敗談をお伝えします。

今回ご紹介する失敗談から得た教訓は、

どんな仕事も思いがけないところでつながったりする!

です。

反面教師にして頂けたら、私もうれしいです^^

新イベント開発にたずさわれる?!

観光業界に新卒で入社して半年。

そろそろお客様対応だけではなく、裏方の仕事もやってみようということになりました。

当時私がいた会社は皆それぞれ裏方の担当を持っていました。

例えば、制服の管理、お客様に提供する備品の管理、品質向上のための研修をやるグループ、などなど。

私はその中でも、イベント開発に携わるグループに配属になりました。

ざく
ざく
やった!新しいイベントの開発とか面白そう!

と思った私。

先輩からも、

女性の口コミ
女性の口コミ
色々勉強になるグループだと思うよ!

と言っていただき、がぜんやる気が出てきました。

実際は地味な仕事ばかり…

ところがふたを開けてみると、花形だと思っていたことは一部でした。

実際は備品数のカウントや請求書の発行、お客様数の変動分析などなど。

お客様の前に立つ華やかな仕事の裏側で、こんなことも先輩はしていたんだと驚きました。

当初イメージしていた仕事とは違ったんですよね。

やりたい仕事じゃないけど…

当初は、地味な仕事だな、早く終わらせたいな、とそんなことをよく思っていました。

でもある先輩が

男性の口コミ
男性の口コミ
だいたいの仕事は、「備品管理」「教育」「企画」のどれかだな

と言っていたんです。

この3つの分け方が適切かはちょっと置いておくとして…(笑)

ざく
ざく
どこでも発生する仕事ならば、効率がいいやり方を見つけられれば他のところに行った時も活かせるのでは

と思えたんです。

どこでもやりたくない仕事はある

どこへ行ったって、思い描いていたことと違うな…ということはよくあるかと思います。

もちろん、お金をもらっているのだからやらなきゃいけないのはわかっている。

ただ、モチベーションがあがらない。

私はそんな気持ちでした。

皆さんにもそんな経験がある方は多いのではないでしょうか?

でも、私の場合、思いがけないところで、そのめんどくさいなと思っていた経験が活きてきました。

どこの職場でも、どんな仕事でも、似たような地味ーな裏方の仕事はあるという前提のもとで考えると、ちょっと違う発想ができるかと思います。

例えば、

  • ワクワクする仕事に時間を割くかどうやって短い時間で終わらせるか
  • ミスをしない体制をどう作るか
  • 人と一緒にやるときはどう役割分担するのがいいか

などの考え方は、他の仕事でも活きてくるかと思います。

やっぱりただ言われたことをやるのではなく、頭で考えながらやる、ということが大事だなと毎日痛感します。

一緒に頑張りましょう♪

新社会人時代の失敗その2「本番でできない」社会人になったばかりのころ、 とよく言われました。 もちろん、頭では理解できるけど、じゃあ具体的にどんなこと...
新社会人時代の失敗その4「報連相ができない」社会人になったばかりのころ、 とよく言われました。 もちろん、頭では理解できるけど、じゃあ具体的にどんなこと...