今日もいい日だったと思えるように。
趣味の時間を楽しむ

文字を”書く”ことが好きな2つの理由

みなさん、こんにちは。早大卒の20代OLざくです。

私は高校の国語の先生に「これからは確実に文字の歴史が変わる」と聞いて、衝撃を受けたことがあります。

確かに、大昔は活字を並べて文章にするところから、筆、鉛筆やペンと続き、最近は紙に文字を”書く”よりも、PCや携帯に”入力する”機会の方が多くありませんか?

文字の歴史はすでに変わりつつあるのかもしれません。

私自身、この投稿もパソコンで入力しているわけですから、やっぱり文字は”入力”する機会の方が多い気がします。

でもやっぱり文字は”入力する”より”書く”方が私は好き!!

今回は私が書いた文字が好きな理由を2つ、つぶやいてみたいと思います。

①気持ちが表れる

私は3年日記をつけているんですが、見返すと意外と自分の書いた字ってバラバラです。

きれいに書こうとしているとき見た目を気にしているときもあれば、気持ちがあふれてしまっていて字が乱れていたり。

書いた文字って自分の気持ちを代弁してくれる気がします。

手紙とかも、きれいじゃなかったとしても「気持ちを込めてくれたんだな」とわかる文字ってありますよね?

もちろん入力した文字にはコピーして色々なところで使える、消したり文章の順番を入れ替えしやすいなど、良さがあるのはわかっているんですが、手間や時間がかかっているからこそ、手書きが私は好きです。

②体裁が気にならない

これは場面にもよると思うんですが、メモをするときやパワーポイントなどで資料をつくるとき、入力する文字だと体裁やデザインが気になります。

文字はもっと大きい方がいいかな、デザインはこちらのほうが合っているかな…などなど。

紙に書く場合、わーっと思いついたまま書きなぐれるのが魅力だと思っています。

私はPCで入力する必要がある資料も一度、紙に大枠などを書いて頭のなかを整理してからとりかかるようにしています。

まとめ

もちろんPCなど”入力した文字”のほうが優れている部分もあります。

私は大学生のとき、アルバイトを3回連続忘れてしまったことがあります(‘Д’)←やばい人…

その時すすめられたのがgoogleカレンダーでした。

毎週の予定が決まっているときには繰り返し機能があるので、便利です。

手帳だと何回も毎週同じ予定を書き込むのは面倒ですもんね。

”書く”も”入力する”も試してみて、結局自分が好きなだな、あってるなと思う方を場面に合わせて選んでいけばいいと思っています。

ただ、私としては紙や”書く”が好きなので、よさを少しでもお伝えできればと思って呟いてみましたー。

こだわりすぎず、いいと思ったものは色々試して自分に合うものを選んでいきたいですね。