今日もいい日だったと思えるように。
趣味の時間を楽しむ

家事の時間も読書にあてたい!20代会社員が無料で試せるAudibleをおすすめしたい理由

私はずっと洗濯や料理が嫌いでした。

家事の時間ってそのことしかできないし、めんどくさいし、意外とやり始めると時間かかるし…

しばらくは気分をもりあげるためにYoutubeを聞きながら家やってました。

ただ、Youtubeは、画面を開いたままにしないといけないんですよね…

携帯をポケットにいれてイヤホンで聞こうと思うと知らない間に画面が操作されていて勝手に電話がかかっていたこともありました。

なんとか、家事の時間も自分の啓発につながるような時間にしたい!と思っていた時に出会ったのが

Audible(オーディブル)です。

今回は皆さんにAudibleをおすすめする理由をご紹介します。

そもそもAudible(オーディブル)ってなに?

アマゾンの提供する専用アプリをダウンロードして、音楽のように”本を聞く”サービスです。

現在様々なジャンルで40万冊以上配信されているそうですが、今後はもっと増えそうです。

月額1500円で会員になるとで月1冊ダウンロード可能。

月1冊じゃ足りないよ…という方は、会員は30%オフで追加購入もできます。

もちろん、月額会員にならなくても利用は可能ですが、だいたい1冊3000円ほどするので、月額会員がおすすめです。

ちなみに今は、30日間の無料体験期間中

期間後もダウンロードしたものは消えないので、本が無料でもらえてしまいます。

福祉に携わっている者としては、視覚障がい者や文字を読むのが苦手な人の趣味として選べるものの選択が増えたこともとてもうれしいです。

魅力は?

とにかく、ながらで本が聞けること。

本好きにとって画期的ですよね。

家事をしながら、車の運転をしながら、歩きながら…。

一度ダウンロードすれば電波がなくてもOKなので、いつでも本が聞けます。

画面をオフにしても聞けるのもポイント。

前述のYoutubeのように、勝手に操作していた!なんてこともありません。

どんな風に使ってる?

私は早速、気になっていたローランドさんの『俺か、俺以外か。 ローランドという生き方』を無料でダウンロードしました。

洗濯ものを干したり、ご飯をつくったりする家事の時間に聞いています。

基本的に朗読はプロのナレーターがされているそうですが、この本はローランドさん自ら朗読されています。

本で読むのももちろん好きですが、間や言葉の思いも著者自ら読み上げられていると感じることができます。

本の新たな魅力に気づくことができました。

デメリットは?

ボーっとしていると、聞き逃します(笑)

30秒戻せるボタンがあるのでよく使います。

あとは、難しい本は読みにくいかもしれません。

私はよくわからない等ひっかかる部分があったとき、一度本から目を離して自分で考えてみたりします。

Audibleだと、一度止めて、考えて、巻き戻してまた聞く、ということになるので、少しめんどくさいです。

ビジネス書などよりも、小説の方がおすすめです。

限られた時間を有効に

仕事も遊びも充実させたいと考えると、意外と本を読む時間って限られています。

だからこそ、限られた時間を有効に使いたいです。

もし試してみてやっぱり紙の本じゃないとだめ!と思ったら、即退会もできますよ。

1円も使わずに本がもらえるので、ぜひ試してみてください!

30日間無料体験を試す