今日もいい日だったと思えるように。
仕事を頑張る

初めての出張が不安な方へ!確認すべきことと目指すべきこと

ざく
ざく
出張って緊張するなあ…

特に初めてだと、不安でいっぱいなのではないでしょうか?

私も社会人1年目の夏に別の事業所に応援に行くことがありました。

とても緊張しました(‘Д’)

でも出張は絶対に自分のためになります!

今回は、初めて他事業所に応援に行く方を応援したいと思い、私がやっておけばよかったなと思う確認と目標についてお話します。

なお、ここで紹介する「出張」は「他事業所への応援」を指しています。

営業担当の方などには当てはまらないこともあるかもしれませんが、ご了承ください。

そもそもなんで私が応援に?

会社によって色んな目的があるとは思います。

ただ、上の人が新入社員に応援に行ってきて!と言うときの狙いって、主にはこんな感じじゃないでしょうか?

  • 経験を積ませたい
  • 入社年次が高い人(先輩たち)には自拠点でやってほしいことがある
  • (出張は疲れるので)体力がある若い人に頑張ってほしい

あと、私は出張先に1年後転勤になったので、うまくその事業所の人とやって行けそうか、なんてことも見られていたのかもしれないです。

確認すべきことは?

呼ばれるんだから、連絡事項は向こうから伝えてくれるのが当たり前!と思っていませんか?

私もそう思います(笑)

ただ、忙しいから、自分たちで回せないから他事業所から応援を呼ぶ、という場合も多いです。

なので、手厚いサポートは期待しない方がいいですよー。

気になることがあれば、自分からあらかじめ聞いておくのがおすすめです。

集合場所

大きな事業所などだとそもそも入口がどこにあるかわからなかったり、守衛さんがいてセキュリティカードがないと入れなかったりします。

時間までにどこに行けばいいのか聞いておきましょう♪

持ち物

自分が普段使っている名札やセキュリティカード、制服、PCなどを使って仕事をしてほしい場合もあります。

借りるとなると、設定が面倒だったり、応援先の手間になるので、事前に確認しておくことをおすすめします。

事前準備は何をすべきか

応援先で何をしたらいいのか、事前に準備できることはあるかどうか、聞いておきましょう。

応援先でスムーズに即戦力になれると、「あの子やるじゃん」!」と思ってもらえるはずです。

担当者の名前

応援先で自分にもろもろのことを教えてくれる方の名前を聞いておいた方がいいと思います。

もし、誰かに何か言われても、その方の名前を出せば、怪しい人じゃないと分かってもらえると思うので(笑)

また、もし応援先の方々の名前一覧(顔つき)などがあったら、係長など位が高い方だけでも頭に入れておくと、失礼がないと思います。

目指すべきことは?

せっかく時間を使って応援に行くからには、自分の力にしたいですよね。

また、上司から求められているものもあるはず。

後輩がここまでやっていたら、私も「あの子ヤバい…」ってなると思います。

周りをよく見て○○やりましょうか?と声をかける

言われたことをやるのはもちろんです。

そのうえで応援者ってちょっとした浮いた時間があります。

そんなとき、「○○やりましょうか?」と声をかけてくれたらめっちゃ応援先はうれしいはずです。

ポイントは勝手にやったり、相手が求めていることから外れないこと。

だからこそ、「周りをよく見て探す」「声をかける」というのが大事です。

日常に戻ったときに活かせることを見つける

せっかくなので、自分の事業所に戻った時に応援の経験を役に立てたいです。

例えば、

  • 応援先がやっていることを自拠点にも取り入れる(ex.朝礼のやり方、マニュアル)
  • 応援先で感じたことを応援に行ったことがない人に伝える

など、できそうなことは色々ありそうですね。

やってみようという姿勢が大切

初めての出張。

私もすごく緊張して、前泊し、下見をしちゃったほどです(笑)

慣れない場所だからこそ、うまくいかないこともたくさんあるかと思います。

でも、「役に立ちたい」という気持ちが一番大事。

その気持ちがあれば、応援先にも伝わるはずです。

私も頑張るので、皆さんも頑張ってください!