今日もいい日だったと思えるように。
趣味の時間を楽しむ

【超初心者向け】登山に興味がなかった人が初めて山に行くときに知ってほしい8のこと

登山歴3年目、超運動音痴のざくです。

山仲間を増やしたくて、一緒に行こうとよく誘います。

興味ない、だったり、大変そうだったり、山は誤解されているなと感じます。

今回は、私のように誘われて興味がなかったけど初めて山に行くこと決めた方向けにお伝えします。

①山って体力勝負でしょ?

山は小さな山から大きな山までたくさんあります。

車やロープウェイを降りて30分で山頂まで行けるところから途中で宿泊を含むガチな山まで…

山選びを間違えず、天気さえよければ、私みたいな体力に自信がない人も十分楽しめます。

②山はどこも一緒でしょ…

私の登山の楽しみの一つは仲間とどこに行くかの計画をしているときです(笑)

たくさんの山があって、調べるだけで楽しく目移りします。

よく標高でどこに行こうか考える人もいます。

ただ、どちらかというと見てほしいのが、歩行時間です。

登山道をどのくらい移動するか、ということです。

例えば、私も大好きで3回行っている入笠山は標高1955M・往復歩行時間は1時間です。

ロープウェイでかなり上の方まで行けるんです。

標高より、歩行時間の方が大事ですよー。

③山の天気は変わりやすい?

家を出るときは晴れていても山に着いたら雨、なんてこともよくあります。

傘は使えないと思ってください。

両手がふさがると危ないですし、道が狭いので他の登山者に迷惑も掛かってしまいます。

できるだけ、山用のレインコートを買ってください。

もしくは、家の周辺が曇っていたら登山は延期することをおすすめします。

山で雨が降ると、ぬかるむ、視界が悪い、寒い、蒸し暑い、ということで死にます。

ちなみに、買うのはちょっと…と言う方はレンタルもあります。

④山頂は寒い?

天気は変わりやすいだけでなく、上に行くほど、寒くなります。

100m登るごとに0.6℃寒くなるといわれています。

ただ、私の失敗談として、「寒いから」と思い厚着をして、天気が良すぎてカンカン照りでつらかったこともあります。

なるべく脱ぎ着しやすい洋服がいいです。

⑤山の三種の神器ってなに?

最初に何を揃えたらいいか、気になりますよね。

  • 登山用リュック
  • レインコート
  • 登山靴

以上が、山の三種の神器と言われる山グッズです。

ただ、「これから続けるかわからないのにお金をかけたくない…」と言う方も多いのでは?

私も3点揃えたのは、初めて1年ほど経ってからです。(恥ずかしい…)

晴れの日限定で行くのであれば、
両手が空くようなリュックと
汚れてもいい服・靴で大丈夫だと思います。

もし心配であれば、前述のレンタルも検討してみてください。

⑤どんな食べ物を持っていったらいい?

食べ物はとても重要です!

エネルギー不足になるとリアルに動けなくなります…

また、おいしいものを食べることはモチベーションにもなります。

以下が私がいつも持っていく食べ物です。

  • ちいさめのおにぎりを3~4つ(休憩の時にもつまみます)
  • チョコレート(個包装になっているものをポケットに)
  • あめ(なめながら登れる)
  • じゃがりこ(好きだから)
  • ゼリー(スプーンを使って食べる幸せ)
  • あんぱん(甘いものは元気が出ます

食べ物はちょっと多いくらいでOKです。

登山って全身運動でエネルギーを使います。

何より、余ったら帰って食べればいいだけですからねー。

⑥一気に登らないといけない…?

休憩しながら登ってください。

ちょっとスペースが空いていて座れるようなところがベストですね。

50分登って10分休む、と言われたりしますが、私は運動音痴なのでもっと休憩してます(笑)

斜面で休憩するときは登りのときは下を向くといいですよ。

ずっと足首が斜面で同じ法を向いていると疲れてくるので、休憩の時は逆に向けてあげましょう!

⑦一緒に行く人がいない…!

誰かに誘われたわけではないけど、ここまで読んで興味を持ってくださったあなた!

私も最初はモンベルの店長さんが企画しているようなツアーで行きました。

旅行会社の登山ツアーなども開催されています。

プロが山道に咲いているお花を紹介してくれたり、山友だちができたり楽しいです。

⑧結局山って何がいいの?

山の魅力は人それぞれいろいろです。

お花、植物、景色、自然のなかでリフレッシュなどなど…

山の魅力はありすぎて、結局いかないと分かりません!

私は戻ってきて食べる駅そばがたまらなく好きです。

無事帰ってこれた安心感で食べると、いつもとはまた違ったおいしさがあります。

ぜひ、行ってみてあなたなりの楽しみを見つけてください。

■関連記事

運動音痴でもOK!山登りのおすすめポイントBEST3